マンション売却・査定なら高額査定アスレ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

 

 

 

 

不動産査定や売却が最優先なの?

住宅の買い換えを行おうというとき、まず売ることを率先してやったほうがいいのか、それとも新たな物件を買うことを率先するのかということで迷われる場合もあるでしょう。
この場合、どちらも方法としてあるものですし、また売却と購入の同時進行という方法もあります。
新たな住宅を「建てる」ということになると、住宅の完成時期なども考慮していきたいので、売却にばかり目を向けていられません。

 

しかしだからと言って、先に物件を購入しても今ある物件を早く売却しなくてはといった焦りも出てくるものです。
不動産査定と新たな住まいについての計画を同時進行させるというのは、これらの折衷案ということになります。
同時進行であれば、どちらの準備についてもまんべんなく進めることができますので、気持ちの面でも余裕が出てくることもあるはずです。
ただ不動産査定をし、売却価格を確定させることで、資金計画をより明確にできるというメリットもあるので、ケースバイケースで考えていくといいでしょう。

マンション査定・マンション売却
知識・一括比較・不動産売買の豆知識をご紹介

マンション査定はタイミングが肝

株価が高い時に株を売れば、当然こちらには利益が発生します。
マンションも同じです。マンションの需要が高まり、値段が上がっている時にマンションを売れば、予想以上に多くのお金を手に入れることができるかもしれません。
逆を言えば、タイミングさえ逃してしまえば大損となってしまうこともあります。

 

このタイミングはシビアとも思われますが、自分のことに置き換えて見てみると、意外とそのタイミングが分かってくるものです。
例えばあなたが転勤を繰り返すような人であった場合、家族と一緒にマンションに移り住むことになります。
では転勤は主にいつ頃命じられるものなのでしょうか?
転勤は年が明けて三月になるまでの間に命じられることが多いです。
ですのでマンションを売るのはまさに一月〜三月までの間がベストと考えられています。

 

その転勤の時期に向けて、半年前くらいから不動産査定をしてもらうと余裕を持った行動が可能となりますので、ドタバタしないためにも不動産査定はお早めに。